Spiral Loop

mooly.exblog.jp
ブログトップ
2012年 08月 05日

#24 ビックドライ

AXISCO AFB10241
a0245819_1935716.jpg

最近お気に入りのフック。
ゲイブ幅、シャンクの長さ、ストレートアイ。軸の太さ。
全体的にバランスが良くて好きです。
値段も安いですし。
a0245819_195092.jpg

ビックドライフライを巻いてみました。
a0245819_195402.jpg

マテリアルはこれだけです。簡単です。
お盆休みにでも流してみようかと思います。



TVでSUGISAKA氏が知床釣行番組で使っていたフライ。
ロングテールゾンカー。真似してみました。
a0245819_1910487.jpg

前から喰っても、後ろから喰っても フッキングします。
ダーティーフォー的に、リアフックはゾンカーと一体化させてます。
さて、使えるフライになりますでしょうか。
[PR]

# by mooly | 2012-08-05 19:24
2012年 07月 29日

#23 真夏のタイイング。

熱い夏の日、風通しの悪い僕の部屋はムンムンしている。
そんな中、上半身裸でデスクに座り、扇風機をすぐ真横に置き、マテリアルの入っているケースを机の上に並べる。
「まずは、赤いフライから・・・」
赤いマラブーを取り、扇風機の風に何本か飛ばされながらフックに巻きつけていく。
僕の巻いた赤いフライを見て奥さんは言う。
「もうそういう時期なんだー。」
釣りのことは無知な奥さんも、夏には赤ということは知っているらしい。

といったことを、ここ何年か夏の休日に毎年しているような気がします。

カラフトイントルーダー
今年は、イントルーダー パターンで狙ってみようと思います。
a0245819_23345089.jpg

ついでに、ダーティーフォー パターン。
a0245819_23352362.jpg

とりあえず、フライボックスはいっぱいになり安心です。
a0245819_23355447.jpg

本流用ウリーバガーも補充しときました。
a0245819_23365292.jpg

[PR]

# by mooly | 2012-07-29 23:47
2012年 07月 23日

#22 275

水量、水温的に厳しいことはわかっていましたが、
夏本番を迎える前に、どうしてもいいサイズのレインボーに会っておきたくて、
道北の本流に車中泊で行くことにしました。
a0245819_2294512.jpg

結果から言いますと、この一匹だけです・・・残念。

今回は減水していたこともあって、下流域をメインに責めてにました。
大きな流れでキャストしていると気持ちがいいです。
a0245819_22105045.jpg

a0245819_22111294.jpg

a0245819_22113253.jpg

a0245819_22115161.jpg

a0245819_22121637.jpg
a0245819_22124466.jpg
a0245819_2213124.jpg

あくまで僕的にですが、今回でこの本流は夏休みにしようと思います。
秋にいい釣りができますように祈っております。
a0245819_2213471.jpg

102.40
67.84
52.50
muddy 5.0
temp 18.0~20.0

-------------------------------------------------------------------------------------------

話は変わりまして、釣話があまりないので雑話を・・・
道北の本流に行くようになってからよく利用している国道275号。
帰りの道中、時間もあったので車を止めて、いくつか気になるところ写真に納めてみました。

本当に国道?と思ってしまうほど、ほとんど車とすれ違うことのないルート275。
a0245819_22174050.jpg

朱鞠内湖。いつかはここでイトウを・・・。
a0245819_2218827.jpg

幌加内町の蕎麦畑。
a0245819_22185467.jpg

雨竜川の渓谷。
a0245819_2219257.jpg


<グルメ情報>
幌加内町の、そば屋「八右ェ門」
a0245819_22195867.jpg

蕎麦はもちろんおいしいですが、丼物も絶品です。
a0245819_22204032.jpg

カツ丼。
卵のプルプル感が絶妙です。
繊細な味付けで、調理している人が丁寧に作っている感じが伝わる一品です。
[PR]

# by mooly | 2012-07-23 22:36
2012年 07月 16日

#21 moolyのポイント探訪

三週間ぶりに訪れた道北の本流。
二箇所ほど、ポイントの新規開拓をしました。




藪こぎして・・・
a0245819_19111472.jpg

支流を下り・・・
a0245819_1912354.jpg

本流に出ると・・・
a0245819_19125932.jpg

そこには、いい流れが!
a0245819_19133795.jpg

思わず息をのんでしまう流れ。なかなかの好ポイントです。
川床は岩盤が多い感じで、流れ込み、深みがあり、フライを流しやすい流れです。
大物の匂いがプンプンの、一級ポイントです。
ただ、今回は釣れませんでした。 (タイミングが悪かったということで・・・)
秋の釣りで楽しめそうなところです。







支流を下り・・・
a0245819_19263280.jpg

さらに下り・・・
a0245819_1927865.jpg

本流に出ると・・・
a0245819_19301676.jpg

そこには、いい流れが!
a0245819_19305328.jpg

広々としたところで、The本流って感じです。
手前が浅く、流芯から対岸に掛けて深くなっています。
スイングの釣りがやりやすい流れです。
川床の石の感じから、水生昆虫は多そうなので、ハッチの時期にライズを狙った釣りが出来そうです。
ただ、今回は釣れませんでした。 (タイミングが悪かったということで・・・)
春の釣りで楽しめそうなところです。






a0245819_1950119.jpg

a0245819_201294.jpg

a0245819_19502423.jpg

イブニングに、マスが乱舞している刺激的な光景に出くわす。
慎重にフライを流すが、僕のフライはシカトされます。
a0245819_19505420.jpg

久々に暗くなるまでやりましたがダメでした。疲れました。
今回はあくまで、ポイント探訪 ということで・・・

102.60
68.10
muddy 9.0
temp 15.0~18.5
[PR]

# by mooly | 2012-07-16 20:16
2012年 07月 08日

#20 山上湖でのんびりと・・・

オホーツクの山上湖。
今回は、川の状況がよくないとの判断で、止水の釣りをすることにしました。
a0245819_236399.jpg

「ジョボン!」 おっ、 いいサイズだ!。
僕のフルキャストでちょうど届くと思われる位置でライズがした。
ランニングラインに絡みがないか確認して、おもいっきりフルキャスト。
だいたいこういう時は変な力が入ってしまうもので、この時もライズしたところより5~6m右側に着水。距離も届いていない。
「あちゃー!」 もう一回投げなおそうと素早くラインをたぐり寄せた瞬間。
「グゥン!」 指先からラインがはじかれた。
掛かったー。ライズの主かどうかは定かではないが、重さの感じからいいサイズだ。
なかなかのトルクのある引きをする魚で、2、3度長めのリールの逆転音を聞かせてくれた。
SHUさんのランディングで無事ネットインした魚は、色素が薄めのシルバーというよりはパールメタリック調の、
背中がライトオリーブの体高のある50ちょっとの幅広レインボーでした。
a0245819_2365451.jpg

a0245819_237999.jpg

この日使用したフライは一種類だけ。
ボディーが赤に黒ハックルのテールが白黒ゼブラマラブー。
a0245819_2384242.jpg

このフライをインターのラインシステムに結び、こきざみリトリーブ。
この組み合わせがこのフィールドには合っていたらしく、予想以上のサイズと数のレインボーに出会うことができました。
a0245819_2384235.jpg

a0245819_2395026.jpg
a0245819_2392968.jpg

このフィールドに来ると自然とのんびりした気分にいつもなります。
お昼ごはんのあと、草の上で昼寝をしてしまいました。
a0245819_23124972.jpg

a0245819_23131175.jpg

a0245819_23285449.jpg

正直、止水の釣りを好んでする人ではないが、このフィールドに来るたびに自分の中で止水に対する思いが変わっているような気がします。
この場所は僕の中で年に何度かは訪れたいフィールドになっています。
a0245819_23293860.jpg

a0245819_23295249.jpg

あと、今回わかったことは、7月だといってもウェーダーはネオプレーンを履くべきだということです。
[PR]

# by mooly | 2012-07-08 23:32
2012年 07月 01日

#19 Fish & Gourmet

<Fish>
6月の最終日は、今年初釣行となる十勝川に行くことにしました。
a0245819_215233100.jpg

ここの水温は常に低め、ゴアかネオプレーンか悩みましたが、ゴアを選択しました。
a0245819_22101249.jpg

小さい虫が結構飛んでいます。ヒゲナガもちらほら。
水位は低めで全体の流れの半分を過ぎたぐらいから深みが出てきてライズもしています。
その流れに、ヒゲナガパターンフライを流すと・・・ 「ゴン!」
a0245819_22172142.jpg

40代半ばのレインボーがサイズ以上のファイトをして楽しませてくれます。
a0245819_22192599.jpg

上流部の流れを流した後、下流部の緩流地帯に移動。
移動時にYunさんの知り合いのhideさんに出会い、急遽、ガイド?をしていただきます。
a0245819_2223581.jpg

水位が低いおかげであらわになったインレッド部の深みに行きます。
Yabuyaさん、ABUさんが次々ヒット。僕も流してみます。
a0245819_22261155.jpg

かなり深さがあるポイントのようだったので、
Type8のティップに変えて、大きめの黒いフライを結ぶ。
流れに入れて、深みに入ったところでステイさせる。
すると、水面から魚が飛び出した。
a0245819_22291378.jpg

ラインに伝わるアタリより、魚のジャンプがヒットを知らせてくれます。
それにしても、ここのレインボーはジャンプが得意のようです。
a0245819_2232714.jpg

ヒットフライの、ブラックイントルーダー。
a0245819_22341511.jpg

a0245819_22350100.jpg

イブニングに訪れたときには水位も上がっていて、このポイントもすっかり水没していました。
a0245819_22363524.jpg

a0245819_22373440.jpg

数がいっぱい出たわけではないが、この川ならではのレインボーとのやり取りができ楽しめました。
この楽しい一日を過ごせたのも、hideさんのおかげだと思います。
hideさん、ありがとうございました。こらからもよろしくお願いします。
a0245819_2241137.jpg

今回の釣行動画。やすこうさんの撮影です。
a0245819_22435318.jpg







<Gourmet>
グルメレポート 第一弾
「十勝満腹グルメツアー。十勝平野を食べつくせ!」
今回は清水町編です。

「韋駄天」 豚重。
蒲焼のタレの味付け。なかなかない味付けで、こうばしい感じがやみつきになります。
このお店の味付けはとてもセンスがよくて、他にサガリ丼というのもあり、また違った味わいで絶品です。
蕎麦類も充実しています。
a0245819_2325374.jpg
a0245819_2334782.jpg


「有楽町」 ホルモン、ジンギスカン。
まずは、定番のジンギスカン鍋で焼く。肉の感じ、タレの感じのバランスが絶妙です。
そして、ホルモン鍋。味噌煮込み風で濃い味が胃に染みこみます。
締めにうどんを入れれば、完璧に締まります。
a0245819_2310758.jpg

a0245819_23103124.jpg

a0245819_2310541.jpg

グルメレポート。まだまだ予定していますので、乞うご期待下さい。
[PR]

# by mooly | 2012-07-01 23:18
2012年 06月 24日

#18 Five Weeks。ようやく出会えたオスのレインボー

a0245819_2136153.jpg

五月末から毎週通い続けてきた北の大河。今回で五週目。
ようやく納得のいく一尾に出会うことができました。
a0245819_21385036.jpg

不意に訪れたラインをひったくられた大きなアタリ。
「ズドン!」 アタリに音は存在しないとは思うけど、表現するならこんな感じでした。
a0245819_21421987.jpg

a0245819_2142437.jpg

a0245819_214381.jpg

一度大きな飛躍を見せ、響き渡るリールの逆転音。
頼むからバレないで、と祈りながら慎重にやり取り。
a0245819_21454498.jpg

なんとか無事キャッチできたのは、60ジャストのオスのレインボー。
久々に感触できる魚の質感にしばし酔いしれながらカメラに納め、魚の回復を待って流れに返す。
魚を見送った後に心の中で、ヤッター と ガッツポーズ。
この感覚がたまらないです。

ヒットフライは、赤黒のBHウーリーバガー。
この川のレインボーにはけっこう好まれていて、信頼度高いです。
a0245819_21532558.jpg

魚を釣って心に余裕ができたので、新規ポイント開拓。
いい流れを見つける。一度いいアタリがあるが乗らなかった。
a0245819_21553096.jpg

その後もいろいろ散策。
a0245819_21564376.jpg

途中、この川の名物 ホバークラフト に出会う。
a0245819_2157341.jpg

一日彷徨い歩くが、結局釣れたのは一匹だけ。やっぱり厳しいです。
a0245819_21583670.jpg

ただ、その一匹のおかげで気分はすこぶる良好。
帰りの車中も一人でテンション高いです。
アングラーって単純ですね。
a0245819_2205445.jpg

やっぱり釣りは楽しいです。

102.44
67.88
muddy 7.0~9.0
temp 15.0~17.5
[PR]

# by mooly | 2012-06-24 22:10
2012年 06月 17日

#17 何も変わらない。

今週もいつもの本流でのfishingです。
a0245819_20503257.jpg

水質はクリア。水位は低め。水温は徐々に上がってきているようです。
見た目の状況は決して悪くは見えません。
a0245819_2052335.jpg

虫は飛んでいるが、ライズはほとんど無し。
沈めたほうがいいのか、それともドライなのか。
考えられることをいろいろ試してみますが結果が出ません。焦ってきます。
a0245819_20571911.jpg

午前の釣りを終え、日も高くなってきたので休憩がてら友人と合流。
長野県から来ている、shimokawaくん。
毎年この時期は北海道の川を渡り歩いているトラウトバム。
今年でもう20年目ぐらいになるらしく、道民の僕より詳しかったりします。
今年は、7月いっぱい釣り漬けの日々を送るらしいです。 羨ましい・・・
a0245819_2141058.jpg

しばし、キャンピングカーで釣り談義でまどろみます。
a0245819_2153244.jpg

今週は車中泊。場所はここにしよう。
a0245819_2173688.jpg

午後の釣りは、イブニングまで頑張りましたが、結局一日目はなにも起きませんでした。
ビールとジンギスカンで晩御飯にします。
釣れない理由を肴に、肉をビールで流し込みます。
よしっ! 明日は、3時半に起きて4時釣り開始。
日が高くなって熱くなる前に勝負しよう と、決心して寝ることにしました。
a0245819_2113095.jpg

二日目。
案の定、寝坊です。
ほぼ徹夜明けで一日釣りしてビール飲んだ人間が、朝早く起きれるわけありません。
a0245819_21152376.jpg

それでも、ひと流し、ふた流ししてみます。
a0245819_2117132.jpg

結果は、前日と一緒、何も変わりません。
結局は、先週と一緒、何も変わりません。
早く、いい方向に変わってほしいものです。
a0245819_21201830.jpg

102.44
67.87
muddy 6.0
temp 17.0
[PR]

# by mooly | 2012-06-17 21:30
2012年 06月 10日

#16 今週こそは!

先週、先々週とマスに見放されている釣行が続いています。
今週こそは! と、懲りずに意気揚々と今週も行くことにしました。
a0245819_19593753.jpg

現地到着。川の状況は万全。
あとはフライをマスの前に流すだけ。
ロッドはこれで。
a0245819_2041212.jpg

フライは、Black or White。
a0245819_2065086.jpg

みんなそれぞれの思いでキャストを続けます。
a0245819_2013225.jpg

マスを求めてポイント移動。 移動。 移動・・・。
a0245819_2015574.jpg

すっかり有名になってしまったこの河川、めぼしいポイントには先行者が・・・
唯一、他の釣人がいなかったポイントで、待望のアタリが!
a0245819_20252646.jpg

キタ、キター。思わず声が出てしまいました。
サイズは、この河川のアベレージサイズの半分。
でも、久々のレインボー。とてもうれしかったです。
a0245819_20284626.jpg

このマスを機に状況が好転すると信じて、
いろいろポイント廻りましたが、ダメでした。
a0245819_20373024.jpg

とりあえず、今週は魚に出会えたので良しとします。
a0245819_2043316.jpg

出来れば、もう少し大きい魚に出会いたいのが本音です。
来週こそは!
a0245819_20451235.jpg

ところで、レインボーは本当にいるんだよね。 ねぇーウッチーくん。

102.62
67.95
muddy 5.0
temp 15.0~18.0
[PR]

# by mooly | 2012-06-10 21:01
2012年 06月 04日

#15 ノーコンタクト

6月最初の日曜日。
家でゆっくりする予定でしたが、テレメーターを見ると、
水位、濁度、水温、天気。PC画面上の数値的なデジタルフィッシングでは全てが完璧。
友人と相談して、急遽、北の大河に行ってきました。
a0245819_20565919.jpg

現地に到着。若干の濁りはあったが、ほぼPCの数値でイメージしていた通り。ハッチもあり期待大です。
a0245819_20574488.jpg

今回のタックルはこれで。
a0245819_20582496.jpg

フライは、とりあえずオリーブ色で。
a0245819_20585864.jpg

釣る!
a0245819_2059397.jpg

釣る!!
a0245819_2101130.jpg

釣りまくる!!!
a0245819_211062.jpg

朝から夕方まで、振り続けましたが、
まったくの何も無し。
意味が解らないぐらいの無反応。
ノーコンタクト!
なんででしょうかね。
疲れました。
a0245819_2113813.jpg

ヒゲナガのハッチはこれからのようですので、今後に期待して懲りずに通いたいと思います。

120.50
68.00
muddy 7.0
temp 13.0~18.0



<追伸>
行きの道中で出会った奇妙な光景。
タクシーが田んぼの中に!
a0245819_2125176.jpg

最初、遠目には、パトカーが田んぼの中で測定してるように見えましたが、
どうやら居眠り運転で突っ込んだみたいです。
道路には、田んぼを這い上がってドロドロになりながら、パニくってウロウロしていたと思われる足跡が・・・
無事だったのでしょうか?
a0245819_2133138.jpg

居眠り運転、気をつけましょう!
[PR]

# by mooly | 2012-06-04 21:25